・語学だけを学ぶのではなく、人としての「人間力」を育てる
・プレゼンやディベートなど、人前で話す機会を作り「表現力」を養う
・体験型レッスンで「思考力」を膨らませる



英会話スクールと何が違うの?
通常の英会話スクールでは、英語力向上を目標に、
読む・スペル・発音・聴く・文法を中心に学びます。
しかし、英語力が上がればそれでいいのでしょうか?

MICスクールでは、英語力の他に、
「人間力・思考力・表現力・適応力」を養い、
世界に通用する
「グローバルコミュニケーター」の育成を目指します


英語「で」コミュニケーションをとることで、結果的に
より早く、より自然に英語力を身に付けることができるのです。
「話す」「聴く」 コミュニケーション力は賢さの土台!
「日本人の問題意識・リーダーシップ性・授業での積極性は
世界の先進国と比較して圧倒的に低い。」
と、最近は新聞やテレビでも取り上げられています。
それは、詰込み型の日本の学校教育が原因です。

MICでは、子ども達同士で問題を解決し、自由に発言・質問をします。
様々な経験をして「話す力」「聴く力」を伸ばすことで、
考える力が身に付き、学力や実生活での賢さにつながります。


MICだから経験できる楽しさがいっぱい!
 
プロに学ぶ特別レッスン!
年に数回さまざまな分野に精通した
特別講師をお招きしています。
例えば、ウォーキングの先生をお招きし
立ち居振る舞いを学びました。
 
世界と交流!
現地に住む外国人と生電話。
子ども達は文化や歴史など
英語で様々な質問をします。
壁一面のホワイトボード!
プロジェクターを投影し、
直接書き込む事で、
楽しく子供たちの興味を引き出します





どんな子になってほしいですか?
MICが目指すグローバルコミュニケーターとは
・笑顔であいさつが出来る子
・自分の意見を相手に伝えられる子
・人の意見をしっかり聴く子
・リーダーシップがとれる子
・人前で堂々と発表出来る子
・論理的に考えられる子
・思いやりを持って行動できる子


MICでは最初のステップとして、話す力・聴く力・思いやりを大切にしています。
それらを育む独自のレッスンプログラムを提供しています。



MICオリジナル教材! 
英語でコミュニケーションを取るための、
MIC独自の教育法が詰まった教材です!

ただ英語の読み書きをするのではなく、
自分の意見や、友達の意見を書きこみます。
その上で、正しい答えを自分達で調べ、
新たな発見をします。

このワークブックをツールとして、
コミュニケーションを取っています。

英語の基礎的な文法はもちろん、
算数や動物の生態についてなど、
英語「で」楽しく興味を引き出します。



力を伸ばすためにデザインされた教室
 白を基調としたシンプルなデザイン
広い教室でのびのび学習!
集中してレッスンを楽しむことが出来ます
 教室の壁2面がホワイトボード!
プロジェクターも投影できる!
子ども達が自由にアイデアを書き込みます
英語で書かれた世界地図
どの国に行ってみたい?
楽しく子供たちの興味を広げます
 

講師紹介

 代表 加藤ミリアム

略歴
三重県桑名市出身

高校・大学時代、アメリカのフロリダ州にて約6年間の留学経験。
帰国し10年程、英会話講師として勤める。
その後、秋田県にある国際教養大学にて4年間学ぶ。
そのうちの1年間香港留学を経験し心理学、中国語等を学ぶ。

2015年3月国際教養大学を卒業後、
大垣市東町と関ヶ原町松尾にて~世界で通用する人材育成~
MIC(エム・アイ・シー)を開校。
現在、幼児・小・中学生を中心にレッスンを行っている。
又、企業にてビジネス英会話講師・翻訳・通訳を務めている。

Message
“日本だけではなく世界においても元気よく「Hello!」と言えて友達を作れる子を育てたい”
という思いで
MIC(エム・アイ・シー)を設立しました。
グループワークを通してコミュニケーションの基礎である“話す力・聴く力”を付けるだけではなく
“思いやり”も育みます。

英語「を」学ぶのではなく、その一歩先にある感動や豊かさを
共有できるスクールであり続けたいです

 

講師 大江彩水

略歴
岡山県倉敷市出身

高校時代アメリカに長期、中国に短期留学
国際教養大学卒業
大学時代ペルーに長期留学
卒業後外資系ヘッドハンティング企業に就職
1年目よりトップの成績を収める
2018年4月友人である加藤(代表)より特別講師としてMICに招かれる
MICの“英語「で」学ぶ”スタイルに強く賛同し、入校を決心

Message
桃の山に囲まれた小さな町で育ちました。
英語が流暢になり、海外留学し、グローバル企業で働く経験ができたきっかけは近所の塾の先生でした。
目先のテストの点だけに囚われることなく、学ぶ事の面白さを教えてくれた先生。いつのまにか
「もっと先を見てみたい」と思うようになりました。子どもの興味関心に常に敏感であり、
本人の自主性を最優先する講師でありたいと考えます。どうぞよろしくお願い致します。